RSSカテゴリ: 最新記事

ジャパニーズウイスキーのふるさとへ 【その1・全2回】

ジャパニーズウイスキーのふるさとへ 【その1・全2回】

December 28, 2012

サントリー山崎蒸溜所特集 第1弾 蒸溜、樽熟成により生まれる生命のスピリッツ 世界に認められたジャパニーズウイスキーの産地「山崎」へ

続きを読む / Read more

意志を形に ― グレンスコシア蒸溜所【その1・全2回】

意志を形に ― グレンスコシア蒸溜所【その1・全2回】

December 26, 2012

将来に向けた大きな計画が進行中のグレンスコシアを、ガヴィン・D・スミスが訪れる(第1回/全2回)

続きを読む / Read more

WMJ的酒場放浪記・1 【中野坂上編】

WMJ的酒場放浪記・1 【中野坂上編】

December 24, 2012

ハイランダー・イン。シングルモルトの愛飲家なら一度は聞いたことがある名前だろう。それは世界各地からシングルモルト愛飲家たちが集まるウイスキーの聖地スペイサイドの中心に位置するホテル&バー。豊富なウイスキーコレクション、コンディション抜群のスコティッシュエール、そして王道のスコットランド料理が自慢のバーだが、そんな本場の雰囲気を楽しめるバーが東京にもあるという。

続きを読む / Read more

聖なる煙

聖なる煙

December 19, 2012

タイトルから、クリスマス関係の記事かと思われたでしょうか?いえいえ、今回もきちんとウイスキーのお話です。 アイラ島に住むマルティーヌ・ヌエが、ウイスキーづくりにおけるキルンの役割を考察。

続きを読む / Read more

アメリカンウイスキー今昔物語【その2・全2回】

アメリカンウイスキー今昔物語【その2・全2回】

December 17, 2012

アメリカのマイクロディスティラリー産業を、WMJ寄稿ライターで日本在住のアメリカ人、マイク・マーフィーが考察【全2回】。第2回目となる今回は、順調に開花しつつあるアメリカのマイクロディスティラリー産業の今を概観する。

続きを読む / Read more

冬に訪れたいモルトバー【1】「 Whisky Voice」

冬に訪れたいモルトバー【1】「 Whisky Voice」

December 12, 2012

「酔て叩く門や師走の月の影(夏目漱石)」―― 飲む機会の増える12月だが、ときにはウイスキーを傍らに、1年を静かに振り返るモルトバーを訪れよう。酔っぱライター・江口まゆみのバー訪問シリーズ、今回はお台場「 Whisky Voice」へ。

続きを読む / Read more

アメリカンウイスキー今昔物語【その1・全2回】

アメリカンウイスキー今昔物語【その1・全2回】

December 10, 2012

アメリカのマイクロディスティラリー産業を、ウイスキーマガジン・ジャパン寄稿ライター・日本在住のアメリカ人、マイク・マーフィーが考察【全2回】。第1回目となる今回は、禁酒法時代を経たアメリカが、スピリッツ文化を発展させていく経緯に迫る。

続きを読む / Read more

106号 最新テイスティング 【その2・全2回】

106号 最新テイスティング 【その2・全2回】

December 7, 2012

from Issue 106 テイスティング:マルティーヌ、ロブ 前回に引き続き、106号のテイスティングをお届けする。驚くような長期熟成モルトから、新進気鋭のフレンチウイスキーまで幅広いラインナップとなっている。さて、クリスマスのお目当ては見つかっただろうか?

続きを読む / Read more

【新規入会キャンペーンのお知らせ】<br />BOND#1の2012年を振り返る。

【新規入会キャンペーンのお知らせ】
BOND#1の2012年を振り返る。

December 6, 2012

ウイスキーマガジン・ジャパン編集長デイヴ・ブルームがディレクターを務める、会員制組織BOND#1。今年の5月に発足し、限定ボトルの販売やデイヴ主催のプライベートテイスティング会、またメーカー主催のイベントへのご招待と徐々に活動の輪を広げ、海外からメンバーシップの申込みがあるほど注目を集めている。 今回はそんなBOND#1の半年にわたる活動を振り返ってみることにしよう。

続きを読む / Read more

106号 最新テイスティング 【その1・全2回】

106号 最新テイスティング 【その1・全2回】

November 30, 2012

  from Issue 106 テイスティング:マルティーヌ、ロブ ウイスキー業界を代表する2人の評論家、マルティーヌ・ヌエとロブ・アランソンが、最近発売された多彩なボトル19本を試飲して、詳細なテイスティングノートを作成した。今回はその半分をご紹介。心を惹かれるボトルは見つかっただろうか?

続きを読む / Read more