RSSカテゴリ: features

「ザ・ローリング・ストーンズ結成50周年記念ウイスキー」発表

「ザ・ローリング・ストーンズ結成50周年記念ウイスキー」発表

July 16, 2012

2012年7月12日。何の日かお分かりだろうか? 正解はこの日、ハードロックカフェ東京(六本木)にて明かされた…ローリング・ストーンズ結成50周年である。

続きを読む / Read more

家族経営の力学 その3【全4回】

家族経営の力学 その3【全4回】

July 11, 2012

「家族経営」第3回目となる今回は、デイヴ・ブルームがスプリングバンクをレポート。

続きを読む / Read more

家族経営の力学 その2【全4回】

家族経営の力学 その2【全4回】

July 8, 2012

第2回目となる今回は、グレンフィディックの創業家であるグラント家、ならびにウィリアム・グラント&サンズ社について、ガヴィン・スミスが迫る。

続きを読む / Read more

家族経営の力学 その1【全4回】

家族経営の力学 その1【全4回】

July 5, 2012

この新連載では、家族経営がどうビジネスにおいてキーとなっているかを見極めるために世界中からいくつかの事業体に焦点を当てる。家族経営の方が巧妙で進取の気性に富み、適応力があるのか、あるいは将来の世代に重圧を及ぼしているのか? 過去から続く家族全体の力、その苦闘と成功は、未来を活気づけることができるのか? まずはデイヴ・ブルームが概論を語る。

続きを読む / Read more

103号 最新テイスティング 後半

103号 最新テイスティング 後半

July 2, 2012

  from Issue 103 テイスティング:デイヴ・ブルーム、マルティーヌ・ヌエ、ロブ・アランソン 世界のウイスキー業界を代表する3人の評論家が、最近発売された多彩なカテゴリーのボトルを試飲して、詳細なテイスティングノートを作成した。今回は後半となるので、前半とあわせてご覧いただきたい。

続きを読む / Read more

103号 最新テイスティング 前半

103号 最新テイスティング 前半

June 27, 2012

from Issue 103 テイスティング:デイヴ・ブルーム、マルティーヌ・ヌエ、ロブ・アランソン 世界のウイスキー業界を代表する3人の評論家が、最近発売された多彩なカテゴリーのボトルを試飲して、詳細なテイスティングノートを作成した。前半となる今回は10種類を紹介!後半でさらに8種類を紹介する。今回紹介する中にも、きっとあなたを魅了する銘酒があるだろう。

続きを読む / Read more

樽が重要 最終回【全3回】

樽が重要 最終回【全3回】

June 25, 2012

ワインとオーク ガヴィン・D・スミスが、フレンチオークがもたらす影響について、ジョン・グレイサーと語る。 スコッチウイスキーの世界で革新と言えば、コンパスボックス・デリシャスウイスキー社の創設者ジョン・グレイサーが賞賛に値する。

続きを読む / Read more

日本バーテンダー協会埼玉支部設立40周年記念祝賀会レポート

日本バーテンダー協会埼玉支部設立40周年記念祝賀会レポート

June 22, 2012

日本バーテンダー協会(以下NBA)は昭和4年に発足以降、世界大会で常に上位に入賞を果たす優秀なバーテンダーを輩出している。また、日本人特有の向上心と緻密なバーテンディング・テクニックは世界から大いに注目されている。

続きを読む / Read more

樽が重要 その2【全3回】

樽が重要 その2【全3回】

June 20, 2012

ホワイトオークのなせる技 マーク・ギレスピーがアメリカンオークを考察 トリビアな質問。世界中にホワイトオークは何種類あるか? とりあえずここではそのひとつ、アルバオーク(Quercus Alba)について話そう。

続きを読む / Read more

樽が重要 その1【全3回】

樽が重要 その1【全3回】

June 18, 2012

樽はウイスキーを導く「教師」であり、その影響力が驚くべき奇跡を生み出す。「生徒」の素質を発揮させるために、枯渇するまで自らを犠牲にする。正しい樽が得られれば、ディスティラーの仕事の質も高くなるが、選択を誤ると、優れた仕事もすべて無に帰する。樽には様々な種類があり、強度や形状も異なる。デイヴ・ブルームが3回にわたって樽についてレポートする。先ずはシェリー樽から。

続きを読む / Read more