秩父蒸溜所

September 13, 2012

羽生蒸溜所創始者の孫である肥土伊知郎が創業したベンチャーウイスキーの秩父蒸溜所。20082月に稼働を始め、秩父の風土に根ざしたシングルモルトウイスキーづくりが行われている。

秩父蒸溜所は東京の北西約100km、埼玉県秩父市に設立された。ジャパニーズウイスキーであることに誇りを持ち、小さなミル、マッシュタン、ミズナラ製の発酵槽、スコットランド・フォーサイス社製のポットスチルで、ハンドクラフト(手づくり)にこだわりモルトウイスキーを生産している。

蒸溜所は市街地から車で30分ほどの小高い丘の上に建てられた。夏は高温多湿、朝晩が氷点下にいたる寒さの厳しい環境だ。しかしその厳しい環境はウイスキーの熟成に多大な影響を与えると言われ短い熟成期間にも関わらずフルーティでバランスの良いウイスキーが仕上がっている。

仕込みには天然のミネラルが溶け込んだ大血川渓谷水系の軟水を使用。また近年では地元埼玉県産の大麦を使い、小ロットながらフロアモルティングを始めている。
スコッチウイスキーの伝統的製法に習いウイスキー造りを行い、秩父の風土が生み出す独特の個性を確立させようとしている。日々、様々な樽を使い秩父に適した新しい個性を探求することにも余念がない。

現在の定番商品には、羽生蒸溜所の原酒と秩父蒸溜所の原酒をヴァッティングしたダブルディスティラリーズ、ワインウッドリザーブ、ミズナラウッドリザーブの3種類を主軸に、数量限定で秩父The First 3年、秩父The Floor Malted 3年、秩父The Peatedなどのシングルモルトもリリースされ始めている。いずれも国内外で高い評価と数々の受賞を誇り、世界のウイスキーファンから注目を浴び続けている。

 

【主な製品】
イチローズモルト モルト&グレーン ホワイトラベル
イチローズモルト モルト&グレーン プレミアムブラックラベル
イチローズモルト ダブルディスティラリーズ
イチローズモルト ワインウッドリザーブ
イチローズモルト ミズナラウッドリザーブ
イチローズモルト Chichibu the First
イチローズモルト The Floor Malted
イチローズモルト The Peated
イチローズモルト 23年
イチローズモルト カードシリーズ
イチローズチョイス シングルグレーン川崎

 

【蒸留所所在地】
住所:〒368-0067 埼玉県秩父市みどりが丘49
電話番号:0494-62-4601
営業時間:9:00 〜 17:00
休業日:不定期(年末年始・メンテナンスシーズン臨時休業あり)

最寄り駅:秩父鉄道 皆野駅、西武線 西武秩父駅

 ※一般見学は行っておりません

 

交通手段

【電車でお越しの場合】
●皆野駅からタクシーで約15分
●西武秩父駅からタクシーで約20分

東京駅 —東京メトロ丸の内線 所要時間0:20→
池袋駅 —西武特急ちちぶ号 所要時間1:20→
西武秩父駅 —タクシー 所要時間0:30→ 秩父蒸溜所

所要時間 約2時間
合計費用 約6,500円

 

【お車でお越しの場合】
●関越自動車道花園インターより秩父方面、皆野寄居有料道路を直進してください。
料金所を通過して2個目の出口で下り、交差点大塚を直進し、次の交差点を右折、みどりが丘工業団地方面案内看板にしたがってお進みください。

 

詳細情報

蒸溜所所有者 株式会社ベンチャーウイスキー
創業者 肥土伊知郎
創業年 2004年(平成16年)
蒸溜所設立年 2007年(平成19年)
ポットスチルの数 2基
ウォッシュバックの数 8基
材質 ミズナラ
熟成庫の数 2棟
ウェアハウス貯蔵方式 ダンネージ式
蒸溜所面積 9,900㎡
従業員数 7名
ビジターセンター
見学の予約 要(プロ向けのみ。一般見学は行っておりません。)
英語でのツアー 可(但し、対応可能スタッフ不在時は不可となります。)
併設設備 なし
メーカーサイト -

 

秩父近隣の旅行情報はこちらから(外部サイトへリンクします)
トリップアドバイザー
旅行口コミ情報

カテゴリ: 蒸溜所情報