蒸溜所

軽井沢が世界一価値の高いウイスキー銘柄に

軽井沢が世界一価値の高いウイスキー銘柄に

この8年間、オークション指標で首位の座を守ってきたザ・マッカランがついに陥落した。新しい王者は、昨年よりニュースを賑わせている軽井沢である。ジョン・マコーミックが、オークション市場の分析から2015年を振り返る詳細なレポート。

スモーキーなハイランドモルト「アードモア レガシー」が今春新発売

スモーキーなハイランドモルト「アードモア レガシー」が今春新発売

ウイスキーの魅力といえば、スモーキーなフレーバーを連想する人も多いはず。3月29日より発売されるハイランド生まれのシングルモルトウイスキー「アードモア レガシー」は、その爽やかなスモーク香で「スモーキーモルト」の愉しみをさらに広げてくれる新商品だ。

風味

132号 テイスティングコメント【後半/全2回】

132号 テイスティングコメント【後半/全2回】

from Issue 132 テイスティング:クリス・グッドラム、ジョエル・ハリスン 世界のウイスキー業界を代表する評論家が、最近発売された多彩なカテゴリーのボトルを試飲して、詳細なテイスティングノートを作成した。今回紹介する中にも、きっとあなたを魅了する銘酒があるだろう。

132号 テイスティングコメント【前半/全2回】

132号 テイスティングコメント【前半/全2回】

from Issue 132 テイスティング:クリス・グッドラム、ジョエル・ハリスン 世界のウイスキー業界を代表する評論家が、最近発売された多彩なカテゴリーのボトルを試飲して、詳細なテイスティングノートを作成した。今回紹介する中にも、きっとあなたを魅了する銘酒があるだろう。

テクノロジー

ブラックニッカ フリージングハイボールを味わう【後半/全2回】

ブラックニッカ フリージングハイボールを味わう【後半/全2回】

取扱店でしか味わえない、ブラックニッカ フリージングハイボールの美味しさを体験する。そこには進化する食中酒とも呼ぶべきウイスキーの新たな可能性が宿っていた。

ブラックニッカ フリージングハイボールを味わう【前半/全2回】

ブラックニッカ フリージングハイボールを味わう【前半/全2回】

ハイボール文化の発信地である日本から、ウイスキーの世界をまたひとつ広げてくれるテクノロジーが誕生した。約1年間の「ブラックニッカ フリージングハイボール」の実績を振り返りながら、その新鮮な魅力を再検証してみよう。

イベント

アイコンズ・オブ・ウイスキーの地域アワードでニッカがダブル受賞

アイコンズ・オブ・ウイスキーの地域アワードでニッカがダブル受賞

今年で第14回目となる「アイコンズ・オブ・ウイスキー」(IOW)は、英国パラグラフ・パブリッシング社が毎年開催する世界的なウイスキー・アワード。日本の企業や個人が対象となる「レスト・オブ・ザ・ワールド」で、ニッカウヰスキーが2冠に輝いた。

大ヒットRPGとモルトウイスキーが異色のコラボ

大ヒットRPGとモルトウイスキーが異色のコラボ

1989年に発売されたロールプレイングゲーム(RPG)の名作「サガ」シリーズが、3本のシングルモルトウイスキーになった。ドラマチックなラベルと壮大な物語へのイマジネーションが、個性的なウイスキーの味わいに意外なほどマッチしている。

バー

ホテルバーの愉楽 ANAインターコンチネンタルホテル東京<br />メインバー「ダビンチ」

ホテルバーの愉楽 ANAインターコンチネンタルホテル東京
メインバー「ダビンチ」

都会の喧騒を忘れさせる、しっとりとした大人の空間。ANAインターコンチネンタルホテル東京のメインバー「ダビンチ」には、300種以上の銘酒と心あたたまるサービスがある。生演奏のジャズに耳を傾けながら、ここでしか味わえないウイスキーやシガーを楽しんでみよう。

空前のウイスキーブームに沸くアメリカ(下)

空前のウイスキーブームに沸くアメリカ(下)

前回に引き続き、アメリカのウイスキーバー事情をレポート。ワシントンDCやカンザスシティでも、マニアックな店が続々と生まれている。 【←前半】

銅のはたらきと銅器職人

銅のはたらきと銅器職人

モルトウイスキーの蒸溜所に欠かせない設備といえば、銅製のポットスチルやコンデンサー。それを供給するのは専門の銅器職人たちだ。銅に関する基礎知識をおさらいしてみよう。

開発担当ブレンダーに聞く<br />新時代の定番「ブラックニッカ ディープブレンド」の魅力<br />(前半/全2回)

開発担当ブレンダーに聞く
新時代の定番「ブラックニッカ ディープブレンド」の魅力
(前半/全2回)

ニッカウヰスキーのロングセラー「ブラックニッカ」のラインナップに、今年6月から新顔が加わっている。ブラックニッカ史上もっとも濃厚で深みのある味わいを完成させたのは、昨年ブレンダー室に配属されたばかりの最年少ブレンダーだ。ニッカ独特のアプローチで導き出された、新スタンダード誕生の物語。 文:WMJ

その他の記事

水を守るウイスキーづくり【前半/全2回】

水を守るウイスキーづくり【前半/全2回】

January 25, 2016

ウイスキーは水が命。でも蒸溜所がどのように水を調達し、使い方にどのような規則があるのかはあまり知られていない。スコットランドの実例から、モルトウイスキーと水の関係を考察してみよう。

続きを読む / Read more

軽井沢蒸溜所の終焉【後半/全2回】

軽井沢蒸溜所の終焉【後半/全2回】

January 15, 2016

部外者にはほとんど知られることのなかった、ウイスキーづくりの詳細を内堀修省さんが明かす。この素晴らしい伝統は、本当に終わってしまうのだろうか。歴史を受け継ぐ者たちへ、モルトマスターからのメッセージ。

続きを読む / Read more

バルブレア蒸溜所を訪ねて【後半/全2回】

バルブレア蒸溜所を訪ねて【後半/全2回】

January 11, 2016

高い品質のヴィンテージをつくり上げるため、サンプリングを通じて最上のカスクだけが選ばれる。そして、さらなる時間がさらなるヴィンテージを生み出す。タイムカプセルの中で語られる、蒸溜所の過去と未来。

続きを読む / Read more

軽井沢蒸溜所の終焉【前半/全2回】

軽井沢蒸溜所の終焉【前半/全2回】

January 8, 2016

2015年8月、香港のオークションで1本約1,400万円もの値がついたジャパニーズウイスキー。誰もが憧れる風味をつくり上げた蒸溜所は、いま静かに最後のときを迎えている。50年にわたって軽井沢蒸溜所を見守ってきた最後のモルトマスター、内堀修省さんの独占インタビュー。

続きを読む / Read more