蒸溜所

嘉之助蒸溜所でメローなウイスキーづくりが始動【後半/全2回】

嘉之助蒸溜所でメローなウイスキーづくりが始動【後半/全2回】

ジャパニーズウイスキーの未来を切り拓く嘉之助蒸溜所(小正醸造)のビジョンは明確だ。バラエティ豊かなスピリッツを生み出すユニークな生産体制は、これまでにない革新的なウイスキーづくりの可能性にあふれている。

嘉之助蒸溜所でメローなウイスキーづくりが始動【前半/全2回】

嘉之助蒸溜所でメローなウイスキーづくりが始動【前半/全2回】

九州地方の鹿児島県で、またウイスキーづくりの新拠点が誕生した。4月28日の一般公開を前に、小正醸造の嘉之助蒸溜所を訪問。新事業に乗り出した経緯と、将来のビジョンを探る2回シリーズ。

風味

ボウモアの新たな通年商品「ボウモア ナンバーワン」が登場

ボウモアの新たな通年商品「ボウモア ナンバーワン」が登場

エレガントなピート香で「アイラモルトの女王」と称されるボウモアから、新しい通年商品が登場する。「ボウモア ナンバーワン」は、蒸溜所の歴史を象徴する「第1貯蔵庫」で熟成された味わいが魅力だ。

行楽の春はフレッシュなRTDでエンジョイ

行楽の春はフレッシュなRTDでエンジョイ

本州でも桜の開花が迫り、本格的な春の到来を祝う季節。行楽にぴったりのドリンクといえば、缶入りのカジュアルなお酒だ。特に人気が上昇中なのは、スピリッツの魅力を引き出したRTD商品である。

テクノロジー

アルコール度数が意味するもの

アルコール度数が意味するもの

市場に出回るモルトウイスキーは、アルコール度数もさまざまだ。実際のところ、ボトリング時のアルコール度数はウイスキーにどのような違いをもたらすのだろうか。イアン・ウィズニウスキが、業界を代表する識者に訊く。

ウイスキー蒸溜所のクリーニング

ウイスキー蒸溜所のクリーニング

蒸溜所の設備を清潔に保つことは、品質管理においても重要な意味を持つ。各設備の洗浄について、イアン・ウィズニウスキが解説する。

イベント

アイコンズ・オブ・ウイスキー 2018【後半/全2回】

アイコンズ・オブ・ウイスキー 2018【後半/全2回】

「アイコンズ・オブ・ウイスキー(以下IOW)」は、長年に渡ってウイスキー業界に貢献して貢献してきた人々への祝福。ノミネートから地域ごとの最高賞を選び、最終的な投票で今年の世界一を決める。ウイスキー業界の「今」を象徴する2018年度の受賞者を前半に引き続き一挙にご紹介。

アイコンズ・オブ・ウイスキー 2018【前半/全2回】

アイコンズ・オブ・ウイスキー 2018【前半/全2回】

今年で第16回目を迎えた「アイコンズ・オブ・ウイスキー(以下IOW)」は、ウイスキーマガジンの発行元でもある英国パラグラフ・パブリッシング社主催の世界的なコンテスト。「ワールド・ウイスキー・アワード(WWA)」が製品としてのウイスキーを対象とするのに対し、IOWは世界のウイスキー業界に著しい貢献を果たした企業、蒸溜所、人物、小売店などを表彰する。2018年の受賞者を2回に分けてご紹介。

バー

何度でも訪ねたい京都のトップバー

何度でも訪ねたい京都のトップバー

究極のホスピタリティ。世界一のカクテル。世界遺産を凌ぐ人気スポット。この店を訪ねるためだけに、はるばる旅する価値がある。古都が誇るワールドクラスのバー3軒をご紹介。

飲み比べで広がるウイスキーの世界

飲み比べで広がるウイスキーの世界

7月5日、東京の三田にウイスキーバー「日比谷BAR WHISKY-S III」がオープンした。同店の最大の魅力は、手頃な値段で世界中のウイスキーを飲み比べられる「フライト」システム。ウイスキー初心者や、欲張りなウイスキーファンにぴったりのお店だ。

映画『ウイスキーと2人の花嫁』が全国公開

映画『ウイスキーと2人の花嫁』が全国公開

ナチスによるロンドン空爆が激しさを増す第二次世界大戦中、スコットランドの小島の沖合で大量のウイスキーを積んだ貨物船が座礁した。実話をベースにした映画『ウイスキーと2人の花嫁』は、すべてのウイスキーファン必見の美しい物語である。

アラン蒸溜所の現在

アラン蒸溜所の現在

アラン島で150年以上ぶりにウイスキーづくりを復活させたアラン蒸溜所も創立20年を超え、ラッグでの新蒸溜所建設も順調に進んでいる。マスターディスティラーのジェームズ・マクタガートが、人生、ウイスキー、音楽について語ったインタビュー。

その他の記事

ウイスキーの殿堂「ホール・オブ・フェイム」2018年度表彰者発表

ウイスキーの殿堂「ホール・オブ・フェイム」2018年度表彰者発表

April 9, 2018

ウイスキーマガジンアワードの一環として2004年にスタートし、今回で16回目を迎える「ホール・オブ・フェイム」。2018年度はスコットランドと台湾から3名がウイスキーの殿堂入りを果たした。その素晴らしい功績をプロフィールとともにご紹介。

続きを読む / Read more

メーカーズマークの赤い封蝋を実体験

メーカーズマークの赤い封蝋を実体験

April 5, 2018

クラフトバーボンを代表する銘柄として、日本でもファン層を拡大中のメーカーズマーク。手づくりへのこだわりを象徴するデザインが、ボトルトップの赤い封蝋だ。唯一無二のウイスキーづくりをディッピング作業で体験する。

続きを読む / Read more

クライドサイド蒸溜所とグラスゴーの未来【後半/全2回】

クライドサイド蒸溜所とグラスゴーの未来【後半/全2回】

April 2, 2018

クライドサイド蒸溜所は、グラスゴーのみならずスコッチウイスキーの歴史を学べる新拠点。過去と未来をむすぶ空間で、伝統のウイスキーづくりを復活させている。

続きを読む / Read more

クライドサイド蒸溜所とグラスゴーの未来【前半/全2回】

クライドサイド蒸溜所とグラスゴーの未来【前半/全2回】

March 30, 2018

貿易の中心地として栄えたグラスゴーのクイーンズドックに、モルトウイスキーの生産拠点が帰ってきた。クライドサイド蒸溜所設立の舞台裏を追う2回シリーズ。

続きを読む / Read more