蒸溜所

スコットランドの島めぐり【第3回/全3回】

スコットランドの島めぐり【第3回/全3回】

スコットランドの島めぐりをしながら、個性的な蒸溜所を訪ね歩く。本土を遠く離れたアウター・ヘブリディーズや北方のオークニーへ。それぞれのユニークな環境が、革新的なウイスキーづくりを生み出している。   文:クリストファー・コーツ   スカイ島北部の港街であるウイグから、カルマックのフェリーで次の目的地へと向かおう。双子島のハリス島とルイス島だ。ハリス島は、ルイス島の南部と一体化している。2つの島は浅瀬を埋め立てた土手道で繋がっているのだ。 ハリス島の原住民は「ヒーラック」と呼ばれている。北部には険しい山々がそびえ、タランセイ島を対岸に望む南部のラスケンタイアには息を呑むほど美しい砂浜がある。約5km続く白砂のスカリスタ海岸からは遠くセントキルダ島も望めるが、残念ながらあの島には蒸溜所がない。港町のターバートではターバート西湖とターバート東湖が狭い地峡で隔てられており、この地峡がハリス島の北部と南部を分けている。 ターバートには、高級なハリスツイードの店と新興の蒸溜所がある。アイル・オブ・ハリス蒸溜所は、8年がかりの計画が実って2015年後半に開業。アウター・ヘブリディーズで初めてとなる商業規模の蒸溜所(純アルコール換算で年間230,000L)だ。「ソーシャルな蒸溜所」としても知られ、高品質なシングルモルトウイスキーとジンをつくるだけでなく、雇用を創出して地元経済を活性化しながらハリス島のスピリッツとアイデンティティを世界に広めることを目的としている。この先10年で、このブランドの成長が来島者を引き寄せ、ハリス島ならではの体験が人気を博することになるかもしれない。蒸溜所のシングルモルトはスコッチウイスキーとして販売が許される最低熟成年の3年に達していないが、「アイル・オブ・ハリス・ジン」なら購入できる。このジンはハリス島特有のボタニカルをミックスしてつくられており、地元で穫れたシュガーケルプ(昆布)も主要原料のひとつとして含まれている点がユニークである。 ルイス島でにも蒸溜所が1軒あるが、こちらはだいぶ規模も小さく、生産量は純アルコール換算で年間20,000Lだ。アビンジャラク蒸溜所は、アウター・ヘブリディーズで200年ぶりの合法的な蒸溜所だ。2008年に蒸溜所を創設したオーナーのマーク・テイバーンは、スチルの設計製造を自力で賄った。2015年の時点で、蒸溜所が生産するスピリッツの原料大麦はすべて島内で栽培したもの。熟成された製品も発売されているが、非常に希少で入手が困難だ。だがそんな状況もそろそろ変わるかもしれない。2018年には創業年に生産したスピリッツが10年を迎えるため、何らかのボトルが発売されるはずだ。 ここからアウター・ヘブリディーズの背骨を伝ってバラ島に行ってみたいと考える旅好きもいるだろう。ここでもモルトウイスキーの蒸溜所が建設される噂は絶えなかったが、まだ何も具体的な形にはなっていない。「アイル・オブ・バラ・ジン」(プロデュースしたロンドンの蒸溜家は匿名)を発売したマイケル・モリソンとケイティー・モリソンの夫婦が、バラ島産のウイスキー生産への道筋をつけるかもしれないが、まだまだ時間はかかりそうだ。   アウター・ヘブリディーズに別れを告げ、荒波の彼方オークニーへ   ストーノウェイ(ルイス島)を経由して本土のウラプール(ロスシャイア)へ。次の目的地へと渡る起点は、ブリテン島の北部に延びるA9の先にある。 時化がちなペントランド海峡を通ってオークニー諸島へ行くには、スクラブスターからストロムネスに渡る方法(ノースリンク・フェリーズ)とギルズベイからサウスロナルドセーに渡る方法(ペントランド・フェリー)がある。 オークニーの群島はアイラ島とジュラ島とあわせたぐらいの総面積だが、広範囲に広がった島々には面積以上のインパクトがある。その主役は歴史、自然、ウイスキーだ。 まずは新石器時代のオークニーを伝える石室の墓、2つのストーンサークル、石器時代の村を訪ねてみよう。ユネスコ世界遺産にも登録された古きオークニーの心臓部である。 オークニーの本島と呼ぶべきメインランドには、有名な2つの蒸溜所がある。スキャパ とハイランドパークだ。1885年創業のスキャパは、純アルコール換算で年間年間130万Lのスピリッツを生産している。多くはシーバス・ブラザーズのブレンデッドウイスキー用だが、オフィシャルなコアレンジのシングルモルトウイスキーもある。蒸溜所から一望できるのは、自然の良港であるスカパフロー。かつて英国大西洋艦隊が本拠地とし、軍事と商業の両方における戦略に重要な場所だ。このスキャパには、ウイスキー業界でただひとつ現役で稼働しているローモンドスチルがある。ただし熱交換用のプレートはもう使われていない。ビジターセンターが2015年にオープンしたのを機に、蒸溜所はゆっくりと表舞台で活躍するようになっている。 ハイランドパークは、近年カルト的な人気を再燃させている蒸溜所である。今では珍しくなったピートの掘り出し(ハイランドパークは英国王立鳥類保護協会とパートナーシップを組んで、ホビスタームーアの干潟を管理している)とフロアモルティングを自社内でおこない、蒸溜所にピート香のついた大麦を供給している。蒸溜所全体で使用する大麦の80%はノンピートで、ブリテン島本土から輸送されてくる。ビジターセンターマネジャーのパット・レトソンが手引きをする素晴らしいビジターセンター体験でも有名だ。蒸溜所の多彩な歴史はもちろん、オークニー諸島に根付いている魅力的な古代スカンジナビアの伝統についても知ることができる。 オークニー産のモルトウイスキーを片手に、ここで旅を終えることもできるだろう。だが地図を見ると、まだ訪ねていないスコットランドの島々が北にある。シェトランド諸島にシングルモルトウイスキーの蒸溜所はないが、英国で最北の地域にあたるウンスト島のホテル「サクサヴォード」で、スモールバッチのジン「シェトランドリール」をつくる設備がある。 オーナーのシェトランド・ディスティラリー・カンパニーは、シェトランドでボトリングしたウイスキーの販売を始めており、次の目標はポットスチルを導入してモルトウイスキーをつくることだという。 この計画が実現したら、少なくとも「スコットランド最北端の蒸溜所」をめぐるレースには終止符が打たれるだろう。この地より北でウイスキーをつくるには、石油掘削装置の上に蒸溜所を建てる以外に方法がないのだから。    

スコットランドの島めぐり【第2回/全3回】

スコットランドの島めぐり【第2回/全3回】

聖地アイラ島を後にして、隣のジュラ島でジョージ・オーウェルの足跡を追う。雄大なスカイ島では、タリスカーに続く第2の蒸溜所が誕生していた。ウイスキーの旅は、まだまだ続く。

風味

ピート最強「オクトモア」の深化を証明する新エディションが登場

ピート最強「オクトモア」の深化を証明する新エディションが登場

世界最強のピート香を誇るアイラ島のシングルモルトウイスキー「オクトモア」から、待望の新エディションが発売される。これまで以上に深みを増した8年の熟成が、驚くべきフェノールの繊細さを引き出した。

バランタインが初のシングルモルトウイスキーを限定発売

バランタインが初のシングルモルトウイスキーを限定発売

スコットランドを代表するブレンデッドウイスキー「バランタイン」から、初めてのシングルモルトウイスキーが数量限定で発売される。卓越したブレンディングの秘密に触れる貴重なチャンスだ。

テクノロジー

ポットエールとスペントリース

ポットエールとスペントリース

蒸溜の後に残された廃液にはどんな成分が含まれていて、どのように再利用されているのだろうか。イアン・ウィズニウスキが、知られざるウイスキーづくりのトリビアを解剖する。

ワートを冷却する熱交換のメカニズム

ワートを冷却する熱交換のメカニズム

熱交換シリーズの第2回は、ほとんど話題に上がることのない装置にスポットを当てる。ワートを冷却することでエネルギー効率を向上させるメカニズムについて学ぼう。

イベント

ボウモア蒸溜所をヴァーチャル体験

ボウモア蒸溜所をヴァーチャル体験

「ウイスキーフェスティバル2017」(11月26日開催)で、日本初となるボウモア蒸溜所のヴァーチャルリアリティ(VR)体験が公開された。来場者を魅了した驚きの内容とは?

WHISKY HILLS 2017 開催中

WHISKY HILLS 2017 開催中

朝夕の冷え込みも厳しくなり、ウイスキーの香りとぬくもりが恋しくなる季節。東京の六本木ヒルズでは、恒例の「WHISKY HILLS 2017」が開催されている。期間限定のバーやキャンペーンで、ウイスキーの新しい愉しみを見つけよう。

バー

何度でも訪ねたい京都のトップバー

何度でも訪ねたい京都のトップバー

究極のホスピタリティ。世界一のカクテル。世界遺産を凌ぐ人気スポット。この店を訪ねるためだけに、はるばる旅する価値がある。古都が誇るワールドクラスのバー3軒をご紹介。

飲み比べで広がるウイスキーの世界

飲み比べで広がるウイスキーの世界

7月5日、東京の三田にウイスキーバー「日比谷BAR WHISKY-S III」がオープンした。同店の最大の魅力は、手頃な値段で世界中のウイスキーを飲み比べられる「フライト」システム。ウイスキー初心者や、欲張りなウイスキーファンにぴったりのお店だ。

映画『ウイスキーと2人の花嫁』が全国公開

映画『ウイスキーと2人の花嫁』が全国公開

ナチスによるロンドン空爆が激しさを増す第二次世界大戦中、スコットランドの小島の沖合で大量のウイスキーを積んだ貨物船が座礁した。実話をベースにした映画『ウイスキーと2人の花嫁』は、すべてのウイスキーファン必見の美しい物語である。

アラン蒸溜所の現在

アラン蒸溜所の現在

アラン島で150年以上ぶりにウイスキーづくりを復活させたアラン蒸溜所も創立20年を超え、ラッグでの新蒸溜所建設も順調に進んでいる。マスターディスティラーのジェームズ・マクタガートが、人生、ウイスキー、音楽について語ったインタビュー。

その他の記事

バルコネス蒸溜所とテキサスの仲間たち

バルコネス蒸溜所とテキサスの仲間たち

December 31, 2017

アメリカのクラフトウイスキーブームで注目されるテキサス州ウェイコの「バルコネス」。あばら家のような環境からスタートした、驚くほど人間的なウイスキーづくりを訪ねる。  

続きを読む / Read more

アメリカ西海岸北部のクラフト旋風(2)ウエストランド蒸溜所

アメリカ西海岸北部のクラフト旋風(2)ウエストランド蒸溜所

December 25, 2017

アメリカ西海岸北部の革新的な蒸溜所巡りは続く。シアトルのソードー地区で、世界中のウイスキー関係者が注目するウエストランド蒸溜所を訊ねた。

続きを読む / Read more

グレンマレイの過去と未来

グレンマレイの過去と未来

December 22, 2017

スペイサイドの中心地で、定番のスタイルを貫いてきたグレンマレイ蒸溜所。ブレンド用モルトという旧来のイメージを脱却し、現在は高品質なシングルモルトブランドとしても人気を博している。120年の歴史に、スコッチウイスキー業界の過去と未来が見える。

続きを読む / Read more

ロニー・コックスの半生とスコッチ業界の舞台裏【第3回/全3回】

ロニー・コックスの半生とスコッチ業界の舞台裏【第3回/全3回】

December 19, 2017

輝かしい実績を重ね、歴史あるボトラー事業で新たな一歩を踏み出しているロニー・コックス氏。ウイスキーへの思いを語り尽くす、ロングインタビューの最終回。

続きを読む / Read more