世界のウイスキー

およそ700種類に及ぶ世界中から集められたウイスキーのテイスティングノートや情報はこちらからご覧いただけます。現在は多くのテイスティングコメントを皆様にお届けするために、バッチ(製造年)違いである同一商品のテイスティングも掲載しておりますので、現在発売されているウイスキーの評価とは限りません。予めご了承ください。

テイスティング

Whisky Magazine ではウイスキー専門家、作家、愛飲家によるテイスティングを毎号開催し、その情報を皆さんにお届けしています。

推奨ボトル

テイスターが判定したポイントの規定によってSilver Recommended(銀賞)もしくは Gold Editors Choice(金賞)が毎号決定します。


ウエストランド コレレ    46.0%

  • 蒸溜所名: ウエストランド蒸溜所
  • 地域: ワシントン
  • ブランド: レミーコアントロー
  • 価格帯: £〜25
  • 入手可能場所: 限定
  • 掲載号:173号

ロブ・アランソンSCORE8.3

香り
黒い果皮のような印象の甘い香りでスタート。ダークチョコレートにディップしたブラックチェリー、ヘーゼルナッツのペーストを塗ったキャラメルウエハース。挽きたてのコーヒー粉の匂いが突き抜けてくる。だがその後、軽やかな香りに変化し、バニラクリームの匂いが他の強い香味を手懐ける。
まずコショウの風味と木を削ったような匂いが現れる。その後、香りでも感じたコーヒー粉のような風味が顔を出す。シガーのスモーク香と腐葉土にも似た印象。すべての要素が、バターたっぷりのビスケットとオーク材のラクトン香に支えられている。
フィニッシュ
オーク香が主張して余韻に留まり、ココナッツとチェリージャムのような後味を残す。かすかなフルーツ香を感じさせながら、心地よく霧散していく。
コメント
アメリカンウイスキー全般に対する評価を上げてくれそうなウイスキー。とても心地よい味わい。

クリストファー・コーツSCORE7.7

香り
粉っぽく穏やかなミネラル香を感じさせる。その底には果樹園のフルーツ香。パン粉やレモンのような匂いが全面に押し出され、その後からピーナッツやリンゴンベリーの香りもする。時間が経つにつれて、オレガノとバニラクリームを思わせる印象が現れる。
シルクのようになめらかで、甘味を感じさせる口当たり。バニラビスケット、シナモンを散らしたタルトタタン、繊細なモルトの風味。時間が経つにつれて、乾燥した洋ナシのチップやヒースのハチミツを思い起こさせる。
フィニッシュ
余韻の長さはミディアム。フルーティーな後味が、穏やかに霧散していく。
コメント
クリームが乗ったフルーツタルトを食べているような趣きのウイスキー。