世界のウイスキー

およそ700種類に及ぶ世界中から集められたウイスキーのテイスティングノートや情報はこちらからご覧いただけます。現在は多くのテイスティングコメントを皆様にお届けするために、バッチ(製造年)違いである同一商品のテイスティングも掲載しておりますので、現在発売されているウイスキーの評価とは限りません。予めご了承ください。

テイスティング

Whisky Magazine ではウイスキー専門家、作家、愛飲家によるテイスティングを毎号開催し、その情報を皆さんにお届けしています。

推奨ボトル

テイスターが判定したポイントの規定によってSilver Recommended(銀賞)もしくは Gold Editors Choice(金賞)が毎号決定します。


トマーティン 50年  50年  45.3%

  • 蒸溜所名: トマーティン蒸溜所
  • 地域: ハイランド
  • ブランド: トマーティン蒸溜所
  • 価格帯: £181-
  • 入手可能場所: 全世界
  • 掲載号:160号

ロブ・アランソンSCORE9.0

香り
最初は、モルトと木の香りがたっぷり。伐採したてのオーク材から、納屋で何年も風に晒した丸太の匂いまで感じさせる。やがて砂糖煮したフルーツの香りが旺盛に立ち上がり、特にリンゴとプラムのような匂いが印象的。瓶から取り出したマヌカハニーの香り。
フルーツ風味が増してきて、トロピカルな印象へと変化する。パッションフルーツ、鉄板焼きのパイナップル、モモ。チョコレートで包んだトフィーキャンディーの風味もある。
フィニッシュ
余韻は長く、みずみずしい。ドライに霧散するまで、フルーツとオークの風味が入れ替わりながら延々と余韻を響かせる。
コメント
本当にみずみずしいウイスキー。熟成の成果を感じさせるが、フルーツ香が全体のバランスをまとめている。

リンジー・グレイSCORE8.8

香り
濃厚な塩キャラメルに浸したホブノブビスケット。ココナッツファッジ、オレンジマーマレード、イチゴ味の子供用歯磨き粉。その後からバーベキューで焼いたバナナと洋ナシの砂糖煮を思わせる印象がある。喜びに満ち溢れたフルーツ香の競演。
砂糖煮した核果をシロップの中でぎゅうぎゅう詰めにしたような味わい。サワープラム、アーモンドクロワッサン、弾けるようなブルーベリーの味わい。フローラルな風味が波のように押し寄せる。ラベンダー入のバタークリームやモクレンのような香り。
フィニッシュ
複雑で重層的な面白い余韻。軽やかでジューシーな感触と、オイリーな口当たりを残す。
コメント
複雑で多彩なフレーバーの競演。軽やかで、同時にリッチな味わいのウイスキー。まさに味覚のセンセーションを感じさせてくれる。

ミクターズ バレルストレングス ケンタッキーストレートライ    55.0%

  • 蒸溜所名: ミクターズ蒸溜所
  • 地域: ケンタッキー
  • ブランド: ミクターズ
  • 価格帯: £71-120
  • 入手可能場所: 全世界
  • 掲載号:160号

ロブ・アランソンSCORE9.2

香り
最初はパワフルで押し出しの強い香り。いささかパワー過剰ではないかと思わせるが、ゆっくりとリッチなバニラ香、チェリージャム、黒いライ麦パンなどの穏やかな側面も現れてくる。葉巻のラッパーと旅行用の小さなシガーボックス。
味わいにも大胆なパンチがある。マラスキーノチェリー、埃っぽい本棚、ふんだんな木のスパイス。しばらくすると、蜜蝋や家具の艶出し剤を思わせる風味が現れてくる。
フィニッシュ
リッチでディープな後味がいつまでも続く。スパイスとハチミツの感触を残しながら、ゆっくりとドライに霧散する。
コメント
見事なライウイスキーだ。もし完璧なライウイスキーというものがあるのなら、これはかなり近いレベルにまで到達している。バランスに優れ、繊細なニュアンスも豊富。

リンジー・グレイSCORE8.9

香り
なんと強烈な鼻孔への一撃。熱々のクロワッサン、ダークチョコレート、バタースコッチ、エンジェルディライト、カシスジャムなどがすべてひとかたまりになって、たっぷりの黒コショウと一緒に杉箱に入れられている。
ジューシーでスパイシー。カシスや洋ナシのクランブルタルトなどの明確な味わいと、かすかなフレッシュミントの痕跡が最後に残る。リッチなフレーバーが立ち上がり、マホガニー材、糖蜜、サルタナなどの風味が深みを与えている。
フィニッシュ
ソフトな革っぽい口当たりが刺激的。舌の上がドライに感じるため、もっと飲みたくなるような後味を残す。
コメント
驚くべき個性を持ったライウイスキー。飲んでがっかりすることはないだろう。

シングルカスク駒ケ岳 27年  27年  58.0%

  • 蒸溜所名: マルス信州蒸溜所
  • 地域: 日本
  • ブランド: 本坊酒造
  • 価格帯: £71-180
  • 入手可能場所: 全世界
  • 掲載号:159号

ロブ・アランソンSCORE9.3

香り
杉材の箪笥、シガーボックス、香炉。樹脂の深い香りとマヌカハニー。樽熟成したバルサミコ酢、レモンオイル、ラタキアタバコ、古いパイプ、古書店。
まずはオレンジの皮の甘味を感じる。温かいスコーンに乗せたアカフサスグリとチェリージャム。ソルトタフィー(菓子)。かすかなパルマバイオレットと、バターを塗った熱々のトースト。
フィニッシュ
余韻はとても長く、お茶のようなタンニンとフローラルな香りを余韻に残す。
コメント
実に素晴らしい印象のウイスキー。テイスティングする人々も、驚きのあまり黙り込んでしまうだろう。アルコール度数は高いが、そんなに加水する必要もない。すぐにでも箱買いしておきたい逸品。

リンジー・グレイSCORE8.8

香り
艶出し剤をかけたマホガニー、焼いたローズマリー、岩塩味のポテトチップス、リコリス、バタースコッチ。ドクターペッパー、アンズのジャム、乾燥させたオレンジなどの匂いも底流している。
最初の一口から、カシス、チェリー、グレープフルーツなどの甘酸っぱい風味が盛大に弾ける。チョーク、マジパン、ビスコフのビスケットカップケーキなどといった風味もゆっくりと顔を覗かせる。
フィニッシュ
熱っぽさの中にパンチを秘めたフィニッシュ。後味にはショウガのスパイスも感じられる。
コメント
カシス入りチーズケーキを、顎が外れそうなほど口いっぱいに頬張ったような趣きのウイスキー。

グレンロセス 18年  18年  43.0%

  • 蒸溜所名: グレンロセス蒸溜所
  • 地域: スペイサイド
  • ブランド: エドリントン・グループ
  • 価格帯: 26-70
  • 入手可能場所: 全世界
  • 掲載号:158号

ロブ・アランソンSCORE9.1

香り
最初はとても穏やかな香り。その後からクリーミーなバナナマッシュの匂い。甘みが開き始め、バニラポッドとトフィーキャンディーを感じさせる。最後には土っぽくなり、かすかなカビの匂いを放ちながらスパイシーな要素も現れる。
柔らかくリッチな口当たりで舌に絡みつく。やがてオーク風味が台頭し始め、バニラと黒糖を感じさせた後でスパイスに主役を譲る。エスプレッソコーヒーの粉のような感触もある。
フィニッシュ
余韻はかなり長く、オーク香が支配している。プルーンやシェリー漬けのレーズンの風味を残しながらゆっくりとドライに消えていく。
コメント
美しいウイスキー。素晴らしい熟成感とバランスを表現している。

リンジー・グレイSCORE8.9

香り
バタースコッチ、塩キャラメルポップコーン、焼いたヘーゼルナッツなどのアロマが爆発する。そしてレモンの香りで洗われているような感覚。キルシュシロップ漬けのチェリーや、カシスジャムを塗ったトーストを思わせるジューシーな香りも底流している。
炭火で焼いたマンゴー、フレッシュな塩味のポップコーン、濃い目に淹れたミルクティー。砂糖漬けのアーモンドとピーナッツバターの風味も素早く通り過ぎる。舌の奥の方で、キュウリの皮と鎮痛解熱薬(アセトアミノフェン)のような味も感じる。
フィニッシュ
余韻は短い。一貫してピーナッツバターのような後味が残る。
コメント
ピーナッツバターとゼリーサンドイッチを詰め込んだ、ランチボックスのような趣きのウイスキー。

カミキ(神息)ウイスキー    48.0%

  • 地域: 日本
  • 価格帯: -25
  • 入手可能場所: 全世界
  • 掲載号:158号

ロブ・アランソンSCORE9.6

香り
杉材の収納箱、シガーボックス、高級鉛筆、ビーズワックス、松脂、脂肪分たっぷりのミルクチーズ。砂糖をまぶしたクルミと、ベーコンの白い脂肪が少し。ニスを塗ったばかりの木材とオックスフォード社のマーマレード。
ハーブやミネラルの感触に満ち溢れている。セージの風味。木材やスモークしたバニラの香りをたっぷりと感じさせ、牛肉のような刺激もある。アルコールが滲み込んだチェリーなどのフルーツ。
フィニッシュ
余韻は長く、粘り気の強いトフィーとスパイスが立ち上がってくる。唐辛子の辛さや白コショウの刺激をいつまでも感じる。
コメント
素晴らしい出来映えのウイスキー。見事なバランスで風味が統合されている。

リンジー・グレイSCORE9.2

香り
生き生きとしたリッチな香り。マホガニー、リコリス、ペアドロップ(飴菓子)、ココアバター。一貫して革っぽいフルボディな印象が漂い、松脂、ピンクグレープフルーツ、インク、熟れていないバナナの皮などの匂いも感じられる。
温めた皮革、トマトケチャップ、酢漬けのイチゴ。アニシード、北京ダック、セロリ入りの調理パン、熟れた洋ナシの皮などの風味が底流している。すぐ後を追うように、ヨーグルトでコーティングしたレーズンや唐辛子フレークの味が現れる。
フィニッシュ
ドライなスパイスが舌の根を包み込みむ。アロマティックな風味が鋭く突き抜けてくる。
コメント
アロマティックで、同時に生き生きとしたウイスキー。常識を打ち破る味わい。

トマーティン 30年  30年  46.0%

  • 蒸溜所名: トマーティン蒸溜所
  • 地域: ハイランド
  • ブランド: トマーティン蒸溜所
  • 価格帯: £181-
  • 入手可能場所: 全世界
  • 掲載号:157号

ロブ・アランソンSCORE9.0

香り
古い革張りの椅子、埃っぽい教会の座席、そして香水。ダークフォレストハニー、砂糖漬けのショウガ、ハチミツでローストしたカシューナッツ。極めて穏やかなハーブっぽい特徴もある。
バターカップの咳止めシロップとダークハニーの風味。ダークチョコレートで包んだオレンジの果肉と、焼いたヒマワリの種。クリーミーな特徴があり、かすかに木のスパイスも感じさせる。
フィニッシュ
余韻は長く続く。大麦モルトの抽出成分やオーク由来のタンニンを感じさせる豊かな後味。
コメント
見事なウイスキー。フレーバーとアロマに、素晴らしい深みがある。じっくりと味わってみたい逸品。

リンジー・グレイSCORE8.9

香り
リッチでフルボディな印象。青リンゴ味のグミ、チェリー味のシャーベット、ヌテラのホットチョコレート、家具の艶出し剤、炭火焼きにしてコショウのソースをかけた燻製ハム。
ゴムのタイヤ、苦味のあるダークチョコレート、炭火焼きのコショウ。ブラッドオレンジ、ブランデーバター、焼いたオーク。そしてかすかに金属的な風味もある。
フィニッシュ
フルボディで、唾液を誘う後味。濃厚で革っぽい口当たりが印象的。
コメント
恐るべき味わいのウイスキー。舌の上のあらゆる味覚を刺激してくる。

アイルサベイ スウィートスモーク    48.9%

  • 蒸溜所名: アイルサベイ蒸溜所
  • 地域: ハイランド
  • ブランド: ウィリアム・グラント&サンズ
  • 価格帯: £26-70
  • 入手可能場所: 全世界
  • 掲載号:157号

ロブ・アランソンSCORE9.2

香り
濡れたツイードのジャケットとラタキアのパイプたばこ。心地よい土っぽさ。溶けた黒糖のような甘みと、鱈のスモークを思わせるミネラル感もかすかにある。
オレンジシャーベット味のキャンディー、マーマレードを塗ったショートブレッド、バターとシナモンを乗せたメルバトースト。しばらくすると、スモーク風味が立ち上がり始める。
フィニッシュ
わずかにピンクグレープフルーツの酸味とリコリスの風味を感じさせる後味。やがて味覚でも感じたスモーク風味が広がって、ゆっくりとドライに霧散していく。
コメント
スモークと甘みが、ほぼ完璧なまでに融合した素晴らしい一例。

リンジー・グレイSCORE9.2

香り
海辺を思わせるオイリーな香り。そこにレモンの香りが皮のように押し寄せる。流木、全粒粉トースト、メープルシロップ。しばらくすると、焼いたマシュマロとヘーゼルナッツの香りが立ち上がってくる。
海辺のバーベキューに、石炭、ガソリン、ピニャコラーダなどの感触が寄り添う。スモーク香を突き抜けて、チェリーベイクウェルタルトとレモンカードの風味が現れてくる。
フィニッシュ
スモーク香はずっと続いているが、フルーツ香を圧倒するほどではない。
コメント
スモーク香とフルーツ香が激突し、しかも完璧な調和を見せてくれるウイスキー。

カリラ35年 2018スペシャルリリース  35年  58.1%

  • 蒸溜所名: カリラ蒸溜所
  • 地域: アイラ
  • ブランド: ディアジオ
  • 価格帯: £181-
  • 入手可能場所: 全世界
  • 掲載号:156号

ロブ・アランソンSCORE9.1

香り
ソフトで穏やかなスモーク香があり、最初は甘みを感じさせる。ラタキアのパイプタバコや、ヒュミドールを空けた時の匂い。心地よいジャムのような香りもあり、後からほとんど鱈の塩焼きを思わせる塩気の刺激がある。
ここでも穏やかなスモークが突き抜けてきて、スモークアーモンドのようなナッツ風味もある。鱈の塩焼きを思わせる海の塩気、焼き立てのサワードゥ。全体はまろやかで、オレンジのような柑橘風味が濃厚。オレンジの皮を絞った瞬間のような苦味もある。
フィニッシュ
すべての要素が一体となる。重層的で濃密なフィニッシュ。
コメント
見事なまでに複雑なウイスキー。塩っぽさから甘みへの旅を感じながら、途中で素晴らしいスモーク香も楽しめる。

リンジー・グレイSCORE9.2

香り
焼いた洋梨、洋ナシ、洗いたてのリネン。ハリエニシダの花と樹皮のような香りが柔らかく土っぽいアロマを放つ。塩ピーナッツ、ブラックプディング、セメントの匂いが底流している。
焚き火の煙が波のようにどっと押し寄せる。熱した皮革とライムジュースの風味があり、徐々にチェリーベイクウェルタルト、フィグロール(イチジクのお菓子)、ヒースのハチミツなどを思わせる味わいで舌に甘さを感じるようになる。
フィニッシュ
複雑な後味。チョークっぽい感触が、甘くオイリーな印象と入り混じっている。
コメント
重層的で押し出しの強いウイスキー。スモーク香、フルーツ風味、塩っぽい甘さが重層的に混在している。

カスク オークニー 18年  18年  46.0%

  • 地域: アイランズ
  • ブランド: ADラットレイ
  • 価格帯: £26-70
  • 入手可能場所: 全世界
  • 掲載号:155号

ロブ・アランソンSCORE9.0

香り
海を連想させる匂いがたっぷり。釣り道具、生魚が入った木箱、唐辛子ハチミツとバターを塗ったエビのグリル、それにレモンをひと搾り。アジアの麺料理を思わせるような匂いさえある。挽いたピーナッツ、魚醤、ココナッツミルク。
香りを踏襲した味わいだが、ここでスモーク風味が立ち上がってくる。海辺の焚き火で魚を焼いたような印象。塩入りクラッカーにライムゼリーを塗ったような味。
フィニッシュ
少し灰っぽい感触があるものの、過剰ではない。
コメント
夕方、海辺を散歩するときに携帯したいウイスキー。そこに暗雲が垂れ込めた嵐の気配があればなお嬉しい。

リンジー・グレイSCORE9.2

香り
酢漬けのフィッシュ&チップスを携えて港に座っている。クッキーの生地、アイスクリーム、パイナップル、ライムの刺激、炙った胡麻油、ペカンナッツのプラリーヌ。
炭火焼きのバーベキューでひときわ爽やかなパイナップルの味。ライムジュース、スイカ、キウイフルーツなどの弾けるような甘さもある。昨夜の焚き火の燃えさし、皮革、海のフレーク塩などの風味が、柑橘の要素を凌駕して終わる。
フィニッシュ
甘味は焦げ付いた感じになるが、遠くのスモーク香が余韻を引き伸ばしている。
コメント
どこまでも興味をかきたてるウイスキー。一口飲むたびに、新しい気づきがある。

バルコネス トゥルーブルー    50.0%

  • 蒸溜所名: バルコネス蒸溜所
  • 地域: テキサス
  • ブランド: バルコネス・ディスティリング
  • 価格帯: 121?180
  • 入手可能場所: 全世界
  • 掲載号:154号

ロブ・アランソンSCORE9.0

香り
シェリー爆弾と呼ばれる種類のウイスキーがあるが、これはさしずめバターキャラメルの大爆発といったところだ。包み込むように盛大なスパイスがあり、ほっこりとした杉材のようなスモーク香を穏やかに感じさせる。たっぷりのシナモン風味から、ミルクチョコレートでコーティングされたレーズンへ。ハニーナッツ味のコーンフレークに、黒糖と温かいアーモンドミルクを添えたような匂いもある。
とてつもなく盛大な甘味があり、その後からすべてのスパイスが押し寄せてくる。バターを塗ったバナナブレッド。オーブンで焼き上がったばかりのコーンブレッドに、ハチミツとバターを塗ったような風味。ジンジャーケーキを彷彿とさせる温かなスパイスもある。
フィニッシュ
余韻は長く、甘味が強い。アルコール度数の高さを感じさせないソフトな後味で、余韻はいつまでも続く。
コメント
魅力的なウイスキーの特?をすべて兼ね沿えたウイスキー。この荒ぶるような甘味は、簡単に収まりそうにない。見事な出来映えだ。

サム・コインSCORE8.5

香り
スイートポップコーンの香り。キャラメルとシリアル。最初はさほど極端な特?を感じないが、突然甘い香りが立ち、クランベリーとピーナッツのサテを思わせる美味しそうなアロマを放つ。
最初に感じるのは、さまざまな甘味。キャラメル、バニラポッド、シナモンの風味もある。赤いベリー系の果実、サンドイッチ用のハムとロケットサラダ。
フィニッシュ
かすかにクランベリーを思わせる後味もあるが、甘いキャラメル風味が主体のフィニッシュ。
コメント
ノスタルジーを感じさせる素晴らしいウイスキー。ポップコーンの代わりに映画館にこっそり持ち込みたくなるような味わいだが、くれぐれもルールは守ること。