世界のウイスキー

およそ700種類に及ぶ世界中から集められたウイスキーのテイスティングノートや情報はこちらからご覧いただけます。現在は多くのテイスティングコメントを皆様にお届けするために、バッチ(製造年)違いである同一商品のテイスティングも掲載しておりますので、現在発売されているウイスキーの評価とは限りません。予めご了承ください。

テイスティング

Whisky Magazine ではウイスキー専門家、作家、愛飲家によるテイスティングを毎号開催し、その情報を皆さんにお届けしています。

推奨ボトル

テイスターが判定したポイントの規定によってSilver Recommended(銀賞)もしくは Gold Editors Choice(金賞)が毎号決定します。


トゥイーデイル ラストセンテニアル    52.2%

  • 地域: 各地
  • ブランド: R&Bディスティラーズ
  • 価格帯: 121-180
  • 入手可能場所: 全世界
  • 掲載号:140号

クリス・グッドラムSCORE9.0

香り
深く甘美なリキッドオレンジ、大麦、トーストしたオークの香り。繊細なピート香が現れ、麦わら、コーヒー、軽い糖蜜、タールの匂いもある。このピート香の要素には熟成感がある。
最初はオイリーな大麦風味。次いでオレンジ、ハチミツ、アンズ、リンゴ、バニラのオーク風味が現れる。穏やかなピートのスモーク風味が舌の中央を突き抜けながら、かすかに熟成を感じさせる。
フィニッシュ
余韻は長い。成熟したオーク風味、スミレ、ピートのスモーク香、ショウノウの感触が持続する。
コメント
これぞピーテッドモルト原酒の理想的なブレンド。見事な進化を成し遂げている。

ジョエル・ハリスンSCORE8.9

香り
複雑なウイスキーの香り。スモークとオークとスピリッツ(高いアルコール度数)の香りが共に押し出されてくる。力強く、十分に熟成されたアロマは楽しくて魅惑的だ。
盛大なスモーク風味がある。いつもは好きな風味だが、素晴らしい熟成感を覆い隠しているのではないかと感じてしまう。オークで熟成されたスピリッツの風味を中心に味わい、スモーク風味を意識しないことでバランスがとれる。確かなのは、加水するとスモーク以外の風味がいくつか開くということだ。
フィニッシュ
本当に魅力的なフィニッシュ。スモークがやや後退して、オーク風味が突き抜けてくる。
コメント
私がこんなことを言うのは珍しいが、このウイスキーに限っていえば、スモーク香を弱めて、オーク香を強調してくれたらもっとよかった。

ブティックウイスキー カースブリッジ 52年 バッチ1  52年  40.5%

  • 蒸溜所名: カースブリッジ蒸溜所
  • 地域: ローランド
  • ブランド: マーヴェリック・ドリンクス
  • 価格帯: -181
  • 入手可能場所: 全世界
  • 掲載号:140号

クリス・グッドラムSCORE9.2

香り
非常によく成熟したスパイシーな香り。ハーブのようなグレーン由来のドライフルーツと、やわらかなオーク香がふんだんにある。見事なまでにくっきりとしていて、示唆に富んだスパイス香。ラムのような特徴、焼いたバニラ、木の燃えさしなどの匂いもある。
くっきりとしたグレーンらしい始まり。やがてカンゾウ、糖蜜酒、ラムっぽいドライフルーツの風味が現れる。重層的でゴージャス。シルキーなバニラと焼けたオークの風味を舌の中央で感じる。
フィニッシュ
柑橘とスパイスのフィニッシュ。ドライなタンニンの感触があり、甘いフルーツ香が持続する。
コメント
見事な均衡と優雅さを備えた完璧なバランスのウイスキー。マストバイの1本。

ジョエル・ハリスンSCORE8.8

香り
やわらかでバランスがよいグレーンウイスキー。黒糖、バニラ、焼いたアーモンドなどの甘味を感じさせる要素に、チョコレートプラリーヌの大きな一撃がある。
やわらかでバランスがよいグレーンウイスキー。黒糖、バニラ、焼いたアーモンドなどの甘味を感じさせる要素に、チョコレートプラリーヌの大きな一撃がある。
フィニッシュ
サルタナレーズンとアンズの風味が増してくる。
コメント
心地よいフルーティなウイスキー。個人的にもじっくり楽しみたい1本。

ティーリング リバイバル Vol.2    46.0%

  • 地域: アイルランド
  • ブランド: ティーリング・ウイスキー・カンパニー
  • 価格帯: 71-120
  • 入手可能場所: 全世界
  • 掲載号:140号

クリス・グッドラムSCORE9.0

香り
爽やかな草や柑橘のような香り。甘い大麦やオレンジの花のハチミツも感じさせる。若々しく魅惑的。砂糖無添加の全粒粉ビスケットとハーブの香り。
香りよりも豊満でオイリーな風味に、バニラのようなオーク風味が伴う。ハチミツでコーティングしたアンズと洋ナシの心地よい深み。柑橘風味が舌の中央を突き抜けてくるにしたがって、生き生きとした特性が戻ってくる。
フィニッシュ
余韻は長く、柑橘風味(ライムとオレンジ)。刺激のあるスパイスと、ドライなオーク系の香り。
コメント
素晴らしく活力があって魅惑的。昔知り合ったアイルランド女性のよう。

ジョエル・ハリスンSCORE8.8

香り
パルマバイオレット、ブラックベリーの茂みの葉、土っぽい匂い、心地よいクリーミーな香り。熟れたキウイフルーツの香りに存在感があり、フルーティで穏やかな香りのウイスキーに仕上がっている。
とても飲みやすいウイスキー。白い花、クレームブリュレ、軽やかなバターのような風味、ドライな白ワイン。
フィニッシュ
グーズベリーフールのようなフルーツ風味とミント香。
コメント
本当に飲みやすいシングルモルトウイスキー。これ以上に何が望めようか。

スモーゲン ウィースウィード    62.5%

  • 蒸溜所名: スモーゲン蒸溜所
  • 地域: スウェーデン
  • ブランド: スモーゲンウイスキー
  • 価格帯: 71-120
  • 入手可能場所: ヨーローッパ
  • 掲載号:140号

クリス・グッドラムSCORE9.3

香り
ドライだが、フェノール成分は強くないピートとタールとクレソール。焼けたヒースとショウガの感触もある。甘い大麦と引き締まったヨーロピアン(?)オークの香りが底流しており、トフィー、グレーン風のドライフルーツ、肥料、スモーク香が感じられる。
ドライで粉っぽいピートに、ボウモアを思わせるスミレの感触。舌の中央ではタールとクレソールを感じ、強烈でスモーキー。一本調子ということではまったくなく、大麦風味が甘味を加え、オーク風味がざらついたタンニンを加えている。
フィニッシュ
余韻は長い。ピートのスモーク香、塩気、やわらかなオークのバニリン香が持続する。
コメント
強烈で原初的な、特別に素晴らしいウイスキー。スウェーデン人たちがまたやってくれた。

ジョエル・ハリスンSCORE8.6

香り
まずはスモーキーな香りが鼻先をかすめる。消えかけたシガーの煙、青リンゴ、軽やかなハーブ香(イギリスのサンデーローストに入っているタイムや、フレッシュなバジルなど)。
スモーク風味は、香りほどやわらかくない。だが加水するとたくさんの風味が引き出され、味わいの完成度を高める。スコットランドや日本でつくられた、熟成年が若めのスモーキーなモルトウイスキーのような印象もある。
フィニッシュ
ミントのような心地よさとバニラの香り。そしてさらに大量のスモーク香。
コメント
好ましいウイスキーだが、特性を引き出すにはたくさんの水が必要だ。それは悪いことではない。

パーカーズ・ヘリテージ・コレクション 24年 バーボン 10th エディション  24年  54.3%

  • 蒸溜所名: バーンハイム蒸溜所
  • 地域: ケンタッキー
  • ブランド: ヘヴンヒル・ブランズ
  • 価格帯: -181
  • 入手可能場所: アメリカ
  • 掲載号:140号

クリス・グッドラムSCORE9.0

香り
コショウとスパイスが効いたライの一撃でスタート。生き生きと引き締まった香りで、繊細なオークとコーンを感じさせる。サワーチェリー、磨き上げた木材、皮革、マジパンの香りが立ち上る。
ダークなライのスパイス、コショウ、かすかなコーン油。かなりタンニンがあり、アルコールもドライな感触を強調している。それでもあとからやってくる糖蜜、ヒッコリー、コーヒーなどの風味がバランスをとる。
フィニッシュ
本当にスパイシーで、甘いバラの花びらのマール、メンソールを加えたハーブ、いつまでも続くオークの香りがある。
コメント
私が好きなバーボンのスタイル。ハードで、スパイシーで、脂っこくダラけたコーン風味がない。

ジョエル・ハリスンSCORE8.8

香り
最初はやや不快な木工用ボンドの匂い。だが、ありがたいことにその匂いはすぐに消え、オーク、ミント、ヘーゼルナッツ、バニラの好ましい香りが現れる。これはいい。
心地よくまろやかなオーク香、焼いたーモンド、ラベンダーの感触に満足感が高まる。このような骨太のウイスキーには珍しい風味の構成。ブラッドオレンジの味もする。
フィニッシュ
フィニッシュでは舌の奥にドライな苦味がたくさんあるが、オールドファッションドにすれば気にならないだろう。
コメント
ちびちび飲むには、少しドライで苦味の強いバーボン。だがバランス、構成、度数の強さはカクテルにぴったりだ。

オールドフォレスター 1920 プロヒビションスタイル    57.5%

  • 蒸溜所名: オールドフォレスター蒸溜所
  • 地域: ケンタッキー
  • ブランド: ブラウン・フォーマン
  • 価格帯: 26-70
  • 入手可能場所: アメリカ
  • 掲載号:140号

クリス・グッドラムSCORE9.2

香り
粉っぽく、土のようでもあり、コショウを思わせるスパイス香。バーベキューで焦げたメープルシロップ漬けのリンゴ、バルサミコのようなレッドチェリー、ハーブの効いたライのような香り。分厚いながらも繊細なオーク香が骨格を与え、あとからシナモンの香りも現れる。
分厚くざらついた堂々たるオーク風味を、重量感のあるジューシーな糖蜜とサクランボの風味が迎え撃つ。ハーブとスパイスの特徴を兼ね添えたライ風味があとから続き、バラの花びらの香りがするマール、皮革、わずかにアルコール由来の渋味を伴っている。
フィニッシュ
風味がやや覆い隠されている印象だが、それでも心地よいシルキーなマジパン、ダークチョコレート、バラの花びらの香りがするマールを感じさせるフィニッシュ。
コメント
最後の1杯にぴったりの素晴らしいウイスキー。

ジョエル・ハリスンSCORE9.0

香り
どっしりとした、カスクストレングスのバーボンだ。つまりボブリル、スイートチェリー、伐りたてのオーク材、ダークチョコレートムースの感触がある。さあ、どんとこい。
非常にフレーバー豊かな味わい。たくさんのパワフルな風味があり、大統領選挙のような雄弁さである。香りから予想したほどスパイシーではない。高いアルコール度数でつくられたバーボンの好例。
フィニッシュ
パワーをやや控えめにした心地よいフィニッシュ。この余韻がとても効いている。
コメント
クラシックなカクテルに使ってみたい、素晴らしいウイスキー。

ロンバード スプリングバンク 19911991    50.0%

  • 蒸溜所名: スプリングバンク蒸溜所
  • 地域: キャンベルタウン
  • ブランド: ロンバード・ブランズ
  • 価格帯: -181
  • 入手可能場所: 全世界
  • 掲載号:140号

クリス・グッドラムSCORE8.5

香り
大麦と亜熱帯のフルーツを感じさせる素晴らしい芳香。軽い塩気があり、オゾン、オレンジ、モルト、麦わら、バターのようなオーク香も伴っている。加水すると、スパイスやラノリンの香りも出現する。
アルコールによってやや風味が覆われているものの、塩をまぶしたアンズのような心地よい深みを見せている。かすかにハチミツ、麦わら、モルトの感触もある。水を加えると、ゴージャスなまでにジューシーなオレンジ、モルトのスパイス、スモークの感触が現れる。
フィニッシュ
余韻は長く、塩気を含む。甘いフルーツと大麦がバランスをとっている。
コメント
標準的なキャンベルタウンのウイスキーとは違う。実のところ、偶然とは思えないほどアランによく似ている。

ジョエル・ハリスンSCORE9.0

香り
ダイオウとカスタード。昔の駄菓子屋のような匂い。徐々にシナモンの香りが立ち上り、砂糖漬けのショウガの匂いもする。
非常にフルーティ。イチゴ、ホワイトチョコレート、ラズベリーをまぶしたアイスクリームが思い浮かぶ。フルーツ、フルーツ、もうひとつおまけにフルーツ。甘いウイスキーがお好みなら、ぴったりの味わいだ。
フィニッシュ
最後にキャンディーの風味。これは深夜のお菓子だ。
コメント
個人的にはとても好き。たくさん飲めるわけではないが、デザートによくあうと思う。

キンロック 35年 ヴィンテージブレンド  35年  46.0%

  • 地域: 各地
  • ブランド: キンロックアンダーソン
  • 価格帯: -181
  • 入手可能場所: 全世界
  • 掲載号:140号

クリス・グッドラムSCORE8.8

香り
分厚いオロロソシェリーの香り。それがアルマニャックのような熟成感を醸し出している。サルタナレーズン、香水、粉っぽいオーク香、ヒース、木のスモーク、クルミ、ヘーゼルナッツの感触。同時に爽やかな柑橘系の香りもある。
さらに爽やかで柑橘風味が強く、熟成したシェリー風味を牽制している。糖蜜を感じさせる軽い風味を舌の中央に感じ、ドライフルーツ、シナモン、スミレを調合した香水、木のスモークなどの感触も伴っている。
フィニッシュ
心地よく長いフィニッシュ。グレーン香が突き抜けてきて、オーク由来の苦味が少しある。
コメント
シェリー香の強い一本調子のブレンドという一面もあるが、それでも好ましい熟成感は出ている。

ジョエル・ハリスンSCORE9.0

香り
色はルビーレッドで、これがほとんどポート酒のような香りにも関連付けられる。リッチで豊満、そしてたくさんの核果、オークを感じさせるフルボディな香り。良質なモルト原酒をバックボーンにしている印象がある。
長期にわたるオーク樽での熟成を示唆する味わい。心地よくスパイシーな苦味があり、さらに強まった核果、赤リンゴ、ふんだんなオークなどの風味とバランスをとっている。
フィニッシュ
間違いなくしっかりと熟成された印象の後味。フィニッシュではかすかな苦味を感じるが、赤いフルーツの香りもたくさんある。
コメント
かなり熟成された原酒を使っているのだろう。ブレンドもうまくいっているが、構成しているそれぞれの原酒を味わってもかなり楽しめるはず。

ビッグピート リミテッドエディション クリスマス 2016    54.6%

  • 蒸溜所名: ダグラスレイン
  • 地域: アイラ
  • ブランド: ビッグピート
  • 価格帯: 26-70
  • 入手可能場所: 全世界
  • 掲載号:140号

クリス・グッドラムSCORE8.1

香り
若く、フェノール香が強く、ヘビーピート。粉っぽいピート香と、甘いピート香の組み合わせ。海藻、ヨード、肥料、砂糖でコーティングした大麦があとから続く。加水するとオイリーな匂いが強調される。
まさしくピート風味。粉っぽく煤けたスモーク香。粉と炭の感触がどんどん増す。舌の中央にはヨードと塩の感触。加水するとワックスのようなフルーツ風味が現れる。
フィニッシュ
余韻は長く、まだ粉っぽくて煤けている。アルコールの感触によって塩気が強化された印象。加水してもあまりフィニッシュの香りは開かない。
コメント
ピーテッドモルトの原酒同士をブレンドしたような印象。もう少しメリハリを効かせてもよかった。

ジョエル・ハリスンSCORE8.8

香り
若々しく、スピリッツを感じさせる香り。スモーク香にやや包み隠されているが、じっと待っていれば他の香りも開いてくる。リッチなスモーク香、クリーム、シャモア革、ミント。
スピリッツがさらに少しだけ姿を現す。苦味のあるオーク、スモーク、柑橘系の酸味、グレープフルーツの中果皮などの風味が、クラシックなアイラ風のスモーク風味に包まれている。
フィニッシュ
このフィニッシュは、初めてのアイラ旅行を思い出させる。カスクストレングスの喜び。
コメント
スモーク香が苦手な人にはおすすめしない。アイラ島に向かう飛行機のように、シートベルトを締めて幸運を祈ろう。飛行機で上空からアイラ島を眺めているような、くっきりとした風味のウイスキー。

ベリーズ シングルモルト スコッチウイスキー 1989 グレンギリー カスク#78591989    46.0%

  • 蒸溜所名: グレンギリー蒸留所
  • 地域: ハイランド
  • ブランド: ベリー・ブラザーズ&ラッド
  • 価格帯: 121-180
  • 入手可能場所: イギリス
  • 掲載号:140号

クリス・グッドラムSCORE8.9

香り
アルコール漬けのアンズ、メロン、バナナのやわらかな香り。ゴージャスなまでに甘い大麦と、心地よいバニラの輝き。ライムの感触が現れて、背後にはチャーを施したオークの香りが現れる。
最初はモルトビスケットと非常にオイリーなフルーツ。濃密だが、滑らかでスムーズ。成熟したオーク風味がある。それでもステージの中央はオイリーなフルーツのレイヤーが占めている。
フィニッシュ
余韻は長い。花崗岩と柑橘の風味が、徐々に鮮明になる。周囲には艦隊のようなピートのスモーク香が控えている。
コメント
香りと同様の勢いが味覚でも表現されていれば、本当に特別な1本となったであろう。もちろんこのままでも素晴らしい。

ジョエル・ハリスンSCORE9.0

香り
最初に感じるスモーク香が、トロピカルフルーツとバニラの柔らかな香りを迎え入れる。熟成年を感じさせるまろやかさ。
舌の上で主役を演じるのはスモーク香。ただし押し出しの強い島系のスモークではなく、どちらかといえば苔むす感じのスモーク。背後にはバニラとオークのスパイスがある。
フィニッシュ
フレーバーに満ち溢れ、さらにスモーク香が爆発する。
コメント
これまで飲んだなかでも、スコットランド本土でつくられた最も優れたスモーキーなウイスキーのひとつに数えられる。ヴィンテージなブローラとまではいかないが、正しい方向性でつくられている。