RSSカテゴリ: 蒸溜所

自然に抱かれた安らぎの地 宮城峡

自然に抱かれた安らぎの地 宮城峡

August 21, 2012

東京から1時間半足らず。宮城県の山間部には、たくさんの温泉、山寺、サクランボ果樹園などが点在している。丘陵は鬱蒼とした林に覆われ、深い谷間を縫うようにして新川川や広瀬川などの河川が流れる。自然に抱かれた、安らぎの地。しかしながら1967年にこの地を訪れた竹鶴政孝は、美しい里山の景色に目を奪われていた訳ではなかった。蒸溜所の建設地を探していたのである。

続きを読む / Read more

森の蒸溜所「白州」

森の蒸溜所「白州」

August 14, 2012

山崎に遅れること50年、サントリー第2の蒸溜所として1973年に設立された白州蒸溜所。伝統に革新を加えたウイスキーづくりが、近年ますます世界の注目を集めている。南アルプスのふもとに位置する「森の蒸溜所」を案内してくれたのは、元工場長の宮本博義氏。 Report : デイヴ・ブルーム

続きを読む / Read more

家族経営の力学 その4【全4回】

家族経営の力学 その4【全4回】

July 30, 2012

「家族経営」第4回目となる今回は、デイヴ・ブルームがサントリーに迫る。

続きを読む / Read more

家族経営の力学 その3【全4回】

家族経営の力学 その3【全4回】

July 11, 2012

「家族経営」第3回目となる今回は、デイヴ・ブルームがスプリングバンクをレポート。

続きを読む / Read more

家族経営の力学 その2【全4回】

家族経営の力学 その2【全4回】

July 8, 2012

第2回目となる今回は、グレンフィディックの創業家であるグラント家、ならびにウィリアム・グラント&サンズ社について、ガヴィン・スミスが迫る。

続きを読む / Read more

家族経営の力学 その1【全4回】

家族経営の力学 その1【全4回】

July 5, 2012

この新連載では、家族経営がどうビジネスにおいてキーとなっているかを見極めるために世界中からいくつかの事業体に焦点を当てる。家族経営の方が巧妙で進取の気性に富み、適応力があるのか、あるいは将来の世代に重圧を及ぼしているのか? 過去から続く家族全体の力、その苦闘と成功は、未来を活気づけることができるのか? まずはデイヴ・ブルームが概論を語る。

続きを読む / Read more

世界でひとつだけのバーボン

世界でひとつだけのバーボン

May 21, 2012

樽に使用される木の出自によって、熟成はどう変わるのか。バーボン史上もっとも野心的なプロジェクトが進行中。(文:マーク・ギレスピー)

続きを読む / Read more

世界が認めたインド産ウイスキー

世界が認めたインド産ウイスキー

May 18, 2012

インド産シングルモルトの最高峰といえばアムルット。高原の風が渡るバンガロール近郊に、その本拠地がある。(文:ダヴァン・ドケルゴモー)

続きを読む / Read more

余市の幻影

余市の幻影

February 17, 2012

足を運ぶたびに「なぜこの地だったのか」と自問する。日本ウイスキーの父は、余市にスコットランドの夢を重ねていたのか。(文:デイヴ・ブルーム)

続きを読む / Read more

スペイサイドのドライブコース

スペイサイドのドライブコース

February 17, 2012

ハイランド北部にある、ウイスキーの名前を冠した架空の峡谷。古いガイドブックを片手に、スペイサイドを駆け抜ける。(文:ロブ・アランソン)

続きを読む / Read more